人間崩壊シリーズ13 ゲロスカ痴女 糞尿館の掟

この記事は約1分で読めます。


想像を絶するゲロスカ責め!
閑静な住宅街にある「ゲロスカ館」の美女、加賀谷せなが奴●たちに求めるのは完全なる人間便器だった。
それは、糞尿嘔吐痰鼻水など、体から出るあらゆるものを男たちに口で受け止めさせることである。
それも、彼らが嫌がる方法を選んで。
加賀谷の他、生田沙織、神楽ルイ(驚愕の無声大量嘔吐)による集団でのゲロスカ調教も。
奴●たちはヘトヘトになってもまだ許されることなくゲロスカ地獄の中でのたうつのだった。
歯ブラシによる膣内マンカス掻きだし強●食はマニアでもえづきます。

レビューを見る

購入・お申し込みはこちら

サンプル動画

サンプル画像

クリックすると大きな画像で表示します。

購入・お申し込みはこちら

コメントをどうぞ♡

  1. このシチュエーションがたまらない

    せなさんと沙織さんのムチッとした体系、その彼女らが繰り出すスカゲロいじめがいかにもたくましくていい。
    ただせなさんのゲロが物足りずでもうちょっとがんばってほしかった。

    沙織さんはウンコ担当といった感じで相手の男を意地悪に追い詰めていく。

    欲をいうと男優は若い男がよかった。

  2. このシチュエーションがたまらない

    せなさんと沙織さんのムチッとした体系、その彼女らが繰り出すスカゲロいじめがいかにもたくましくていい。
    ただせなさんのゲロが物足りずでもうちょっとがんばってほしかった。

    沙織さんはウンコ担当といった感じで相手の男を意地悪に追い詰めていく。

    欲をいうと男優は若い男がよかった。