ブラック・ドクター アヤコ アナルの快楽に堕ちた闇医者 今井夏帆

この記事は約1分で読めます。


金さえ積めばどんな危ない案件でも引き受ける、裏社会専門の腕利き闇医者・ドクターアヤコ。
そんな彼女にある組織の幹部からの依頼が。
「金はかかるわよ?OKなら患者の情報をちょうだい」…しかしそれは、彼女のカラダを狙った男たちによる罠だったのだ。

レビューを見る

購入・お申し込みはこちら

コメントをどうぞ♡

  1. あまあまのアナル中出し作品に。

    この子はセリフもそこそこ出来るし、身体がきれいなので、あまあまのアナル中出し作品に出てほしい。
    凌辱ものではなく。

    アナルセックスものには、「アナルの中に出してほしい」というセリフと、その出されている時のセリフ(実感)、そのある無しで出来が決まる。

    アナル中出しと、マンコ中出しの違いは、マンコでは吸収されないが、アナル中出しは確実に直腸で精液が吸収される点。
    それが自分を受け入れてくれたこと、一体となったことへの大きな感動に繋がるからだ。

  2. 大ケツ作。二人の男性のオモチャにされる夏帆の肉体

    今井夏帆がアナル好きの2人の変態に肛門を開発され、
    最初は拒否反応を示していたのが、次第にアヌスの快楽におぼれていき、
    ついには完全なる変態アナル奴隷に仕込まれるドキュメント的作品。

    桜井ちんたろうのアナル調教が上手で本当に感心するというか、参考になる。

    まず、指を夏帆のアヌスに入れて、やさしくかき回す。

    そのあと、バイブを入れて拡張が進んだところで肉棒をズブリと刺す。

    夏帆は「ケツ、いい!
    」と、アヌスに入れられたまま絶叫する。

    ペニスを抜くと白い精液が夏帆の肛門からドロリ。

    ちんたろうの兄貴分で登場する志良玉弾吾がまたいい。

    精液を指につけ「これが、さくら(ちんたろう)のか」というと、
    今度は自分のペニスを夏帆のアヌスに挿入。
    まさにアナル輪姦である。

    ちんたろうがバックに入れ、志良玉が前から犯す二穴責めも見ごたえあり。

    ベテラン男優二人にかわいがってもらい、最後の浣腸では、
    恍惚の表情を浮かべながら、見事な排泄を見せる夏帆。

    ケツだけに、大傑作ならぬ大ケツ作といえる本作である。

  3. 闇医者の設定が必要か?

    闇医者がヤクザに身体(アナル)を狙われるという設定だが、もはやドラマにすらなっていない。

    闇世界の人間が大した抵抗もせず、いきなりアナルセックスで感じまくり、ずっと同じような描写が続くだけ。

    最後の浣腸シーンも意味不明。

    あれをやるなら最初にやるべきではないかと思った。

    星2としたいところだか、女優は頑張っていたと思うのでオマケの3