一日(膣)奴●宣言 膣鎖/クリメ●ソレータム/子宮パン/ビンタイキ/ゼリー流し込み/デカチンピストン×2/ドライヤー熱風イカセ/飲尿 膣依存女のマ○コをグッチャボコ 横宮七海

この記事は約1分で読めます。


男の家に女が来た。
その女は「(膣)奴●募集します。」というSNSの投稿を見て来た。
「こんなバカな投稿に引っかかる女なんて、相当、人生に迷走している女だ。」そう思った男は女を奴●として徹底的に支配した。
膣と鎖をつないで、ゼリーを流し込み、メ●ソレータムを塗り込み、ドライヤーで焼けるような苦しみを味わせる。
しかし、その責め苦を女は、楽しんだ。
そして、男は、ひたすら女のマ○コを奴●のように責め続けた。

レビューを見る

購入・お申し込みはこちら

コメントをどうぞ♡

  1. 台本のないストーリー

    今、見終わったばかりでどこから書き出していいのかわからない、、放心状態になっている。
    凄い作品であった
    主演の横宮七海の内面の奥に潜む自由奔放な野生味溢れるエロティシズムが太田みぎわ監督との台本のない物語の中で見事に昇華されている。
    設定こそあれ一種のドキュメンタリー映画を見てるようであった。
    自信を何ひとつ持てずに生きてきた一人の内気な美少女がデス男という名の掲示板を見て奴隷志願にやってくる。
    ここから彼女の一日だけの膣奴隷生活が始まる。
    鎖に繋がれながら膨らむバイブを膣に入れられオナニーを命令されるがイクことは禁じられる。
    せつない表情がたまらなくいい。
    水のない浴槽に固定されま○こにメンソレータムを塗られ更にその浴槽に大量のゼリーをぶちまけられた時の嬉々とした表情は狂気をはらんだ美しさがあった。
    そして彼女にとってこれほど本格的な飲尿プレイは初なのではなかろうか?自分の尿もデス男の尿も飲まされながらのオナニーは従来の彼女のイメージを払拭させられるほど痛々しくもありながらめちゃくちゃ興奮させられた。

    劇中みぎわ監督も言っているがこれは本当に奴隷なのか?鬼コーチとアスリートの偏った愛の特訓ではないのか?僕は作品を見ながら幾度も迷子になりそうになった
    彼女の横宮七海の自然体のエロに圧倒されたからだ、、
    ビンタ計25発、子宮パン計118発(約)、横宮七海はこの作品でまた一歩前進したように思われる。
    サン=サーンスの白鳥をレゲェ風にアレンジした曲が流れて最後に振り向くシーンはまさにマリア様以外の何者でもなかった
    最後になるがこの作品を撮り終えて彼女がSNSに投稿した文章の一部を抜粋して締めくくりたい。

    「あの時みたく愛されるのも私にとっての幸せなんだろうなって思いました。
    」この一言に尽きる。

  2. 宣言

    横宮七海ちゃんの演技力高いですね。
    七海ちゃん良く頑張りました。
    横宮七海ちゃんの作品今回初めて購入しました。
    良かったです。
    これからもがんばって下さい。
  3. 台本のないストーリー

    今、見終わったばかりでどこから書き出していいのかわからない、、放心状態になっている。
    凄い作品であった
    主演の横宮七海の内面の奥に潜む自由奔放な野生味溢れるエロティシズムが太田みぎわ監督との台本のない物語の中で見事に昇華されている。
    設定こそあれ一種のドキュメンタリー映画を見てるようであった。
    自信を何ひとつ持てずに生きてきた一人の内気な美少女がデス男という名の掲示板を見て奴隷志願にやってくる。
    ここから彼女の一日だけの膣奴隷生活が始まる。
    鎖に繋がれながら膨らむバイブを膣に入れられオナニーを命令されるがイクことは禁じられる。
    せつない表情がたまらなくいい。
    水のない浴槽に固定されま○こにメンソレータムを塗られ更にその浴槽に大量のゼリーをぶちまけられた時の嬉々とした表情は狂気をはらんだ美しさがあった。
    そして彼女にとってこれほど本格的な飲尿プレイは初なのではなかろうか?自分の尿もデス男の尿も飲まされながらのオナニーは従来の彼女のイメージを払拭させられるほど痛々しくもありながらめちゃくちゃ興奮させられた。

    劇中みぎわ監督も言っているがこれは本当に奴隷なのか?鬼コーチとアスリートの偏った愛の特訓ではないのか?僕は作品を見ながら幾度も迷子になりそうになった
    彼女の横宮七海の自然体のエロに圧倒されたからだ、、
    ビンタ計25発、子宮パン計118発(約)、横宮七海はこの作品でまた一歩前進したように思われる。
    サン=サーンスの白鳥をレゲェ風にアレンジした曲が流れて最後に振り向くシーンはまさにマリア様以外の何者でもなかった
    最後になるがこの作品を撮り終えて彼女がSNSに投稿した文章の一部を抜粋して締めくくりたい。

    「あの時みたく愛されるのも私にとっての幸せなんだろうなって思いました。
    」この一言に尽きる。